ベビタブ 沐浴

ベビタブ 沐浴

 

 

ベビタブは、お肌にやさしく赤ちゃんの沐浴に安心して使えると、いま人気の重炭酸入浴剤です。

 

赤ちゃんのカラダを洗うのに石けんやボディソープを使わなくてもOK

 

日本製なので安心してお使いいただけます。

 

そんなベビタブですが、本当に赤ちゃんの沐浴に良いのでしょうか?

 

気になったので調べてみる事にしました。

 

 

ベビタブは沐浴に本当によいの?

ベビタブ 沐浴

 

調べてみた結果、ベビタブは沐浴にとても良いと言う事がわかりました。

 

赤ちゃんはお肌はとても繊細で、お肌のバリア機能がまだ未熟なので乾燥しやすいという特徴があります。

 

そのため、ちょっとした事でも肌荒れをおこしたり、ときには悪化して炎症をおこすなんてことは日常よくあります。

 

そんな赤ちゃんの沐浴に、ベビタブがどうして良いのか紹介したいと思います。

 

 

ベビタブが沐浴に良いとされる4つの理由とは

残留塩素(カルキ)を除去

お風呂場で白い水の跡を見かけたことがありますよね?あれは殺菌のために水道水に常に入っている塩素(カルキ)の跡です。

 

赤ちゃんの繊細なお肌に対して塩素はできれば避けたいですよね!

 

ベビタブはその塩素を中和し、ほとんど無いゼロの状態に近づける効果があります。

 

重炭酸が自然に汚れを落とす

ベビタブに含まれる重炭酸がお肌に付いた汚れを落とす働きがあります。

 

赤ちゃんは石けんやボディソープでカラダを洗うと、「洗いすぎ」や「洗い残し」によって、お肌が乾燥肌になったり炎症を起こしてしまう事があります。

 

ですので、自然に汚れを落とせることは赤ちゃんにとって、とても優しいスキンケアと言えます。

 

 

重炭酸入浴で体もポカポカ

ベビタブに含まれる重炭酸にはカラダを芯から温める働きがあります。

 

ですので、ぬるま湯でもしっかり体が温まるので、赤ちゃんもリラックスでき、寝つきを良くする効果が期待できます。

 

安全な成分しか使用していない

ベビタブは、お口や目に入っても安心な成分(食品グレード)である重曹・クエン酸・ビタミンCなどをベースにつくられているので、万が一赤ちゃんのお口や目に入っても安心です。

 

以上の理由から、ベビタブは赤ちゃんにとって最も安全で安心できる入浴剤と言えるのではないでしょうか。

>>ベビタブを見てみる

 

それでは実際にベビタブを愛用するママやパパからの口コミを見てみましょう。

 

ベビタブの口コミ

調査対象:Amazon

子供の肌荒れが落ち着きました

ベビタブ使用した感は、無味無臭でお湯がマイルドになります。
初めて使用したときは、身体の芯から温まる感じが不思議な感覚でした。
使用し始めてから子供の肌荒れも落ち着いたようで、今年の夏場は汗疹で痒がっている様子もありませんでした。

 

塩素による肌トラブルが治まりました

2人の子供が乾燥肌で肌荒れがひどかったのですが、実家の地下水のお風呂で症状が出なかったので、
水道水の塩素を分解できるベビタブを購入しました。
その結果、2人とも症状が治まりました!今では我が家に欠かせない商品です。

 

お風呂から出てもポカポカが続きます

寒い季節でもこれを入れて入るとすごくあったまります。
お風呂から出てもポカポカしているので、これを使用するのと使用しないとですごく違います。
お湯も柔らかくなる感じがとてもいいです。

 

石けんなしでも臭いません

私は子供が生まれる前から愛用しています。
ベビタブは子供を洗う必要がなく、自分も洗う必要がないので、本当に楽!です。
全く石けん等で洗っていませんが、しっかりベビタブのお湯で流してあげると頭も全然臭くありません

 

ベビタブの口コミまとめ

  • 子供の肌荒れが落ち着きました
  • 塩素による肌トラブルが治まりました
  • お風呂から出てもポカポカが続きます
  • 石けんを使わなくても臭いません

 

など、みなさんベビタブにとても満足されているようです。

 

Amazonでも☆5点満点中☆4.5でした。

 

ベビタブ 沐浴

 

ベビタブの販売店情報

ベビタブは、薬局やドラッグストアなど市販では販売されておりません。

 

公式ホームページのネット通販のみの販売です。

 

Amazon会員の方は、公式ホームページからAmazon決済もできるのでポイントもついてお得に購入する事ができます。

 

100錠入り 6,480円
45錠入り 4,380円
12錠入り 1,200円

 

以上の3種類が用意されており
100錠は送料が無料なので大変お得です。

 

ベビタブ 沐浴

 

>>ベビタブを見てみる

 

 

このページの先頭へ戻る